法人印鑑の種類

法人の印鑑イメージ

法人の印鑑は私たち個人が持つ印鑑と同じく3つほどの印鑑があります。
個人の印鑑には「実印」「銀行印」「認印」というものがありますが、法人や会社、個人事業主などではこれらと同じような法人印を持つことになります。

代表者印は必ず準備することになりますが、他に銀行印と、もうひとつ社印も準備することになります。
社印というのは私たち個人が使っている認印と似たようなものです。

個人の持つ認印は、さまざまなものに使用しますよね。
荷物の受取や回覧板、学校の保護者の印など。
日常の中でも非常に使う頻度が高いものです。

それと同様に法人印である社印は、やはり認印のように使用頻度が高いものです。
会社で出す領収書や請求書、一般文書などへの捺印にたくさん使用されているのです。

この印鑑は、会社名と一緒に押されて使われます。
だからこの印鑑はその会社を表す、重要な役割を果たします。
代表者印と違って役所などに届出する必要はない印鑑です。

社印は他の印鑑と違って正方形の形をしています。
そのため「角印」とも呼ばれているんですよ。

この印鑑は大きさが15mmから27mmと、幅の広い大きさがそろっています。
一般的には18mmから24mmの間の大きさが人気があるようです。

印鑑のお店にもよると思いますが、それぞれで作ってもらえる印鑑の書体というものは違うと思いますが、やはり吉相体や印相体などが人気のようですよ。
会社の認印、会社を表すものであることを考えると、実印のように分かりにくいという書体よりは会社名が分かりやすい書体の方がいいのかもしれませんね。

~ Hot Topic│厳選WEBサイト ~

<名刺・ショップカードの作成/印刷>スピード名刺

IllustratorデータのWEB入稿にも対応した名刺の専門店【スピード名刺館】
簡単・自由にレイアウトを調整できる作成機能も搭載!
スタイルに合わせて豊富なレイアウトの中から簡単にオリジナル名刺が作成できます。
名刺即日出荷サービスをご利用いただくと名刺の最短即日出荷が可能です!

詳しくはこちらからご覧ください。

ページの先頭へ