起業が決まったら印鑑の準備を!

会社を興す印鑑イメージ

個人事業主としてこれから起業する知人がいろいろと準備で忙しいようです。
手続きも面倒で大変そうだと言っています。

会社を興すのに必要な印鑑なんですが、これはまだ準備していなかったのでこれから注文することになるんだそうです。
でも、印鑑を作るにも、会社の名前を考えないといけませんよね。
会社の名前が決まったら印鑑を準備することになります。

印鑑は個人でなくても、会社でも印鑑を持つことになります。
会社の印鑑というのは個人の印鑑と同じで、実印と銀行印、そして社印というものがあるんです。
実印に当たるのが「代表者印」というものです。

会社、法人、事業団体や知人のような個人事業主の実印になるんですが、個人で持っている実印と同じです。
法的にも権利義務を立証するためにも、とても重要な印鑑になります。

この印鑑が起業する際法務局に登記する時や法人印鑑登録証明書の登録の時に必要になるので、それ以前には手元になくてはいけません。
そして銀行印は、個人同様銀行との取り引きで必要になるのです。

もうひとつ、法人の印鑑として必要になるのが「社印」です。
この印鑑は四角形なので、この形殻「角印」と呼ばれます。
角印は個人の印鑑でいえば認印に当たります。

私たちが認印で荷物を受け取ったり、回覧板に押したり、この印鑑の持ち主が確認しましたという意味で印鑑を押しますが、法人が持つ社印(角印)も同様に、一般文書などに捺印するためのものです。

会社、法人、そして個人事業主などを象徴するというものでもあるので、本来はなくても問題はないと言われていますがあるととても便利です。

~ Hot Topic│厳選WEBサイト ~

<天然素材の風合い>セラミック表札

丸三タカギの表札を全国にお届けする【表札館】から「なごみタイル」シリーズをご紹介。
カラフルな釉薬を使用し、上品な色合いで表情豊かな和モダンを表現したデザイン表札。
落ち着いた色調と書体の組み合わせがエントランスを彩ります。

落ち着いた表札をお探しならこちらから!

ページの先頭へ