法人印の役割

法人印イメージ

みなさん、印鑑を持っていますか?成人している人や会社勤めをしている人ならほとんどの人が印鑑を持っています。
印鑑には実印、銀行印、そして認印があります。

認印は誰もが知っている、普段使うことの多い印鑑です。
実印は市町村役場で登録したものが実印となりますよね。
実印に関しては必ずしも全ての人が持っているわけではありませんが、法人印となるとどうでしょう。

法人の印鑑としては、代表社印、銀行印、そして社印とあります。
代表者印は私たち個人でいえば実印のことです。

代表者印は会社を起こす時にすでに準備されている印鑑なのです。
会社を起こす時には実印が必要になるので、代表者印にしたい印鑑を市町村役場で登録し、その後法務局で設立登記申請を行う際に必要になるのでその時に登録することになります。

そして私たちが聞きなれない印鑑があるんです。
それは「社印」という名前の印鑑です。

この印鑑は言ってみれば、私たちが普段使っている認印にとても性質が似ているものです。
ただ形が正方形だということ。

この四角い形から、社印のことを「角印」と呼ぶこともあります。
角印のほうが聞きなれている人もいるかもしれませんね。

この社印は会社での取り引きなどでの領収書や請求書、見積書などに捺印する印鑑になります。
会社の名前が記載されている部分に押すものです。
会社がきちんと認めている請求書ですよ、というものです。

社印は使用頻度が非常に高いので認印役割になるんですね。
ただ押されている印鑑ではなく、これは会社を表す大事な印鑑になります。

〔売れ筋注目商品のご紹介〕

人気のネイルアートがハンコで楽しめる!
デコネイルのおしゃれはんこが、いま女性に大人気です。
ラインストーンやネイル3Dを施したあなただけのオリジナル印鑑を作ってみませんか?

デコネイル印鑑をチェック!

ページの先頭へ